国語の教員でしたが、アメリカで子育て始めます。

高校の国語科教員を退職し、1歳の子どもを連れて、アメリカで生活を始めました。英語から最も遠い職業だった私の、渡航から英語の学習、米国での生活、子どもの教育等を綴ります。現在、上の子5歳。下の子2歳。

TwoSet Violin が大好き

TwoSet Violin 

ついに出会えました。夢中になれる英語コンテンツ。ドラマも映画もあまり夢中になれなくて、英語を好んで聴く機会がなくて(英語の勉強にならないと)罪悪感にさいなまれていましたが、ついに見つけました(アメリカ人英語とだいぶアクセントが違うけれど)。ここしばらく、TwoSet Violin の動画ばかり観ています。音楽用語って、日本で習うと無理矢理日本語にするものもあれば(ハ長調とか)、イタリアやドイツ語が混然一体となっていて、英語で何ていうの…?と途方に暮れることが多いことに、娘がバイオリン習ってから気づきました。この動画を見ていると、英語での表現がわかるのもうれしいです。

 

TwoSet Violin は、中国系オーストラリア人のユーチューバー、バイオリンデュオです。こう書くと軽い感じがしますが、二人とも音大出てプロのバイオリニストとして活動している人達です。しかし、そう書くとどうも堅苦しい感じがしますが、動画は基本ふざけています。超ハイレベルなバイオリン芸人、という感じです。

日本語のウィキペディア貼っておきます↓

ja.wikipedia.org

こう言ってはなんですが、、、写真で見ると一見、イマイチパッとしない男子二人ですよね。で、今までサムネイルで出てきてもどうも食指が動かなかったんです。(しかも英語動画で日本語字幕もないとなると、わざわざ観る人は少ないのかなと思います。特に私みたいな英語の苦手な日本人は。)

日本では、チキンで演奏してみた動画が有名みたいです(しゃべってないから)。でもこれは全く彼らの真骨頂ではない!


Pachelbel's Chicken

 

この二人の動画にハマってくると、初期症状としてはなんだか可愛く思えてきて、中毒患者になるとカッコよくて仕方なく見えてきます。チャンネル登録者数もついに200万人突破し、記念につい先日チャイコンチャイコフスキーのバイオリンコンチェルト)を生放送して弾いていました!最初の方事故があったけれど笑、盛り上がりました!(Brett・左がソロ、Eddy・右が伴奏として他のオケパートを、ピアノの伴奏をアレンジして弾いたようです。バイオリン2本でっていうのが本当に良かった!)


Tchaikovsky 2 Mil Drop

この二人がセット、というのが絶妙に面白いんです。力量もお互いにひけを取らないハイレベル。でも世界トップクラスのプロソリストほどではない。。。そこに哀愁が漂っています。ソロ曲も上手いけど、プロオーケストラに所属していたこともあるからオケ曲もたくさん取り上げてくれるし、デュオだから当然アンサンブルも上手いし、オケネタが多いのが個人的に嬉しいです。ハイレベルな面白動画をたくさん作ってくれて本当にありがとう!

以下、二人それぞれの私のツボポイントです。

 

Eddy(エディー

  • 背が高くて腕が長く、指が長い
  • サブカル好きでミーハーっぽい
  • Kpopや日本のアニメが大好き
  • 特にNARUTOが大好き
  • 日本語を勉強しているらしく、たまに少しだけ日本語を話す
  • 音楽に没入すると、上向きに目を閉じて演奏する
  • たまに寝グセがついている
  • 女装が全く似合わないけれど、女装担当
  • コントではムカつくタイプのボケ役
  • コントではキレるタイプのツッコミ
  • お調子者キャラ
  • 絶対音感(perfect pitch)を持っている

 

Brett(ブレット)

  • タレ目でメガネがトレードマーク
  • 手が小さめで、小柄なのがコンプレックスらしい
  • ポップスは全く興味ないらしい
  • 彼も日本のアニメをよく知っている
  • 職人のように的確な仕事(演奏)をしている
  • 情感たっぷりに弾いている表情も良い
  • たまーーに寝グセ?がついている
  • G20サミットで各国代表を前に演奏したことがある
  • コントでは天然ぽいボケ役
  • コントでは無言で無表情のツッコミ
  • 脱力系ゆるキャラ

 

この個性の異なる二人が、バイオリン、クラシック音楽、音大生活、オーケストラ、楽典などに関することを題材に様々な動画を制作しています。ものすごい量。モノマネしたり、お互いにクイズを出し合ったり、動画を見てやいのやいの言ったり、コントをしたりしていて、基本的にふざけています。たまーに真面目なのもあります。

基本ふざけているのですが、二人共プロのバイオリニストなので、内容がクラシックとバイオリン愛に溢れていて、ちょっと下ネタがあっても下品になりすぎないし、お互いの才能に信頼感があって、おバカなことやってワーワー言ってるのが見ていて微笑ましいです。

本当に仲良さそうで、見ているだけで何だか幸せな気持ちになれますよ。そしてちょろっと弾いてくれるのが、ハッとするほど上手い。たまーに真面目に弾いてくれると、本当に上手い。普段のふざけている時と、集中して真剣に弾いている時とのギャップにやられます。デュオで弾いている時はお互いの音を聴き合ってすごく楽しそうにしているので、あー音楽っていいよねーと思います。

 

割と真面目な動画

10段階レベル別バイオリンデュオ曲

デュオ曲はほとんど聴く機会がなかったから、バッハの以外知りませんでした。勉強になる。二人を見ていると、学生時代のオケ生活を思い出します。人生の夏休みだったなー。。。音楽やってワイワイしてた毎日。私はもちろん音大じゃないけれど、何コレ超難しい!とか、この曲のあそこいいよねーとか言いながら。で、普段バカなことやってる先輩達が真剣に弾いてると超カッコイイんですよ。本番で黒服着たりなんかすると。男子は5割増くらいにカッコイイですからね。ところでこの動画のレベル10の、イザイのデュオの音の重なり方凄すぎます。コメントにも書かれていましたが、弦楽四重奏みたいです。


10 Levels of Violin Duets

 

面白系

個人的に一番好きな動画

何度見ても笑いが止まらない。ああーーーわかる!! みんな世界中同じこと思って演奏してるんだなーと感動しました。オーケストラ曲の高揚感、陶酔、恍惚がよく現れています。ドビュッシーの「弦は効果音に過ぎない」何か手持無沙汰な感じとか、ストラヴィンスキーは「数えて!」「今どこ!?」とか、(リヒャルト)シュトラウスの「難しすぎ!」とか本当あるある!!


13 GREAT COMPOSERS AND HOW IT FEELS PLAYING THEIR MUSIC



映画“High Strung”(邦題「ハートビート」)役者のバイオリンシーンを何とかしよう

TwoSetの二人は、映画やドラマの役者のバイオリン演奏シーンを取り上げてよくリアクション動画を作っていますが、これは本当に傑作でした。この映画、主役の女性は本物のバレリーナなのに、男性の方の主役のバイオリンがお粗末。ライバル役の人はどうやらちゃんと弾いているようです。最後の方にある、TwoSetの二人が再現した、本当に出ているであろう音をアフレコした映像は大爆笑必至です。


The WORST Violin Movie Acting We've Ever Seen



オリジナルグッズが秀逸

合言葉である「Practice」をモチーフにしたTシャツをはじめ、番組から飛び出した名言、迷言がデザインされたオリジナルグッズを販売しています。ワールドツアーの会場で売っていたら、絶対に買うつもりです。

 

ワールドツアー

わが街にやってきてくれるようなので、去年は知らなかったけど、今年は絶対に行くつもりです!娘も好きみたいで、行く気満々です。日本でもやってほしい!お願い人気出て!!カタコトの日本語でも人気出ると思う!

 

ビオラ弾きの人は要注意

ビオラをコケにする)ビオラジョークが多いので、ビオラ奏者は嫌な人もいるかもしれません。。。まあ、セカンドも似たようなものだけど。。。


TwoSet好きな人と友達になりたいです。あと他に面白いクラシック系のチャンネルがあったら教えてください。