国語の教員でしたが、アメリカで子育て始めます。

高校の国語科教員を退職し、1歳の子どもを連れて、アメリカで生活を始めました。英語から最も遠い職業だった私の、渡航から英語の学習、米国での生活、子どもの教育等を綴ります。現在、子ども2歳。4月に下の子を出産予定。

航空便の荷物が届きました。

航空便の荷物が今週届きました。やはり2〜3週間はかかるようです。

開けてみると、ほとんどは今となっては特に必要もないものばかりで、物を少なくして暮らすと、それに慣れるものなのだなと思いました。 

唯一届いてよかったと思ったのは、子どものおもちゃや絵本類です。今までほとんど手荷物で持ってきたもので済ませていたので、さすがに飽きてきて退屈していた様子でした。 

届いた絵本を見ると、すごく嬉しそうな笑顔で駆け寄って、自分で声に出して読み始めるものもありました。覚えていたなんて、ちょっとびっくりです。 

届いた荷物の中には、どうしようもなくなり持ってきた三味線も…。梅雨の国から乾燥した土地にやってきたので、皮が破れているかもしれませんが、こっちで直すとなると絶望的。怖くてまだ開けていません…。 

娘のおもちゃが届くまでは、時間が余ると、家の中では折り紙をしていました。ダイソーで買えました。雨で外に出られない日、ふと思いついて朝顔を折ってみました。折り方は検索して調べました。しかし、よく見るとかなり雑な折り方ですね…。娘に急かされながら、スピード重視でやったからだと思いたいです。

 f:id:nicota:20160702095207j:image

朝顔って、英語で何ていうんだろう、と思って調べてみたら、morning  glory だそうです。知らなかった…。よく見たらスーパーで種を売っていました。

f:id:nicota:20160702095233j:image 

キリンも折ってみました。キリンはGiraffe というそうです。娘と動画を見ていて知りました。翌日にはこんな姿に…。

f:id:nicota:20160702095259j:image 

紙一枚で色々なものが作れて、おもちゃにもなる、折り紙って素晴らしいと改めて思いました。少しずつ折れるものを増やしています。娘も一緒に折りたがりましたが、みていてもらいました^_^;いずれは日本人として、折れるようになってほしいです。

 

まだこれから引っ越しをするので、おもちゃなど物を増やしたくないので、しばらくは折り紙が活躍しそうです。