国語の教員でしたが、アメリカで子育て始めます。

高校の国語科教員を退職し、1歳の子どもを連れて、アメリカで生活を始めました。英語から最も遠い職業だった私の、渡航から英語の学習、米国での生活、子どもの教育等を綴ります。現在、上の子3歳。下の子1歳。

ありがたいことと、ありがたくないこと

ありがたいことに、ここのところリア充すぎて、ブログを書く余裕がありません。

しかし、Twitter を事実上凍結してしまっているので、日々のことを「書く」ことをしないと、自分を客観視できません。予定をこなしていく毎日の中で、やることがたくさんあって焦っている時に、子どもがだだをこね始めると、イライラしてしまうことが増えてきました。

具体的には、大きな声を出して言うことをきかせたり、非常に嫌な言い方をしてしまったりします。そういう時は、本当に自分が嫌になります。そうして、そういう嫌なところを子どもは真似するので、悪循環です。長女は、自分が言われたことを少し経ってから、次女に全く同じように言ったりしていて、聞いていて辛くなります。

そろそろ文字にしないと、自分が壊れてしまうなと、思うところまできてしまいました。

まあ、イライラを文字にするかはおいておいて、ポジティブな書きたいことのメモを残しておきます。それぞれ一つひとつが、長文になる要素があるので、記事にしたいなとは思いつつ、できるかどうか。できるといいな。

 

  • 1歳8ヵ月次女のかわいさ大爆発
  • 三大アレルゲンアレルギーの次女が食べられるもの
  • 次女の歌、おしゃべりが上達
  • 長女のバイオリン、半年が経過
  • お友達の発表会と、長女の発表会
  • 長女が日本語の文を書き始める
  • 長女が英語でコミュニケーションを取り始める
  • 親の私の音楽友達が増えた
  • バイオリンを披露する機会
  • ハワイへ家族旅行
  • キンダーガーテン活動?開始
  • クリスマス準備